スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろワイヤレス

2017年末にiPhone 6s ゴールド 16GBからiPhone 8 ゴールド 64GBに機種変更していました。

皆様周知のこととは思われますがiPhone 7以降のiPhoneはステレオミニジャックが撤廃されて、音楽を聴くならBluetoothでワイヤレスという状況になっていますが、iPhone 8/8 Plus/Xでは充電に関してもワイヤレスで行うことが可能になっています。
従来通りLightning端子で充電するのも可能ですが、ワイヤレスならポンと置くだけで充電できるので超お手軽です。

ただし、ワイヤレス充電については「ワイヤレス充電器の出力」と「ワイヤレス充電器を接続したACアダプタの出力」を別に考える必要があり、この辺がうまく合っていないせいで「ワイヤレス充電とかいうけどクッソ遅ぇじゃねえか!こんなもん使い物にならねえ!」とAmazonにクソレビューを投稿してしまう事案が散見されます。
ワイヤレス充電は、充電パッドに内蔵されているコイルから携帯電話(この場合はiPhone 8)に内蔵されたコイルに電力を伝送するというものですが、もちろんACアダプタからの電力が100%そのまま伝送されるわけではありません。多少なりともロスは発生します…というか、従来の有線での充電も100%そのままではないんですが、ワイヤレスの場合はそれが顕著に現れやすいということです。
例えば5V 1Aまでの出力で効率が7割くらいの充電パッドに5V 1AのACアダプタを接続してもせいぜい700mAでしか充電できないので、そりゃ遅くなるわというアレです。なので、充電パッドのスペック通りに充電しようとすると、充電パッドの出力の2倍くらいのACアダプタを用意する必要があります。
ワイヤレスで充電したいスマートフォンが急速充電対応とかならなおさらです。

まあそんなわけで。

cheero01
cheero CHE-315 (USB AC Charger QC3.0 ACアダプター)
cheero CHE-323 (wireless charger)

とりあえず同じブランドで揃えておいたほうが不具合というか不都合はないだろうということで、特にこだわりがあったわけではないですがcheeroで統一。まあ順当なところですかね。
ACアダプタは5Vなら3Aまで出せるということで、充電パッドと合わせて使うのに問題ないくらいだと思います。

cheero2
直径90mmということでコースターくらいの大きさです。表面はレザー風の仕上げ。
左端の影はiPadの影です。

cheero3
iPhone 8を置くとこれくらい。左端の影はiPadの影です。上の写真では見えないですが、充電中は底面がほんのり青く発光します。
端ギリギリに置くと充電されないようで、置いたスマートフォンが安定するくらいの位置であればだいたい大丈夫。
充電すると充電パッドが発熱しますが、室温よりやや温かいくらいで触れないほど熱い程にはならないです。

恐らくLightningケーブルで充電するのと時間はさほど変わらないと思いますが、毎度挿したり抜いたりする必要がなくなってとても快適です。


日本国内でもiPhone 8よりずっと前にワイヤレス充電の機運が高まった時期があったはずなんですが、一体何が原因で流行らなかったんだろう…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。