FC2ブログ

どんどん増える

またイヤホンが増えました。

m6pro1 m6pro2
MEE audio M6 PRO

遮音性が高くてワイヤーが仕込んであってShure掛けするイヤホンが欲しいけど本家Shureを選ぶのも順当すぎるし、なんかイヤーモニターが欲しいけど発表された時点で気になっていたフェンダーのエントリーモデルが値段の割にあんまり良くなかったし、と考えていたら見つけたのがM6 PRO。Amazonで6000円くらいでした。
一応これもエントリーモデルっぽいです。ケーブルは脱着可能ですが、MMCXでも2ピンでもないプラグです。リケーブルの際の互換性は全く期待できないですがとにかくガッチリはまるので丈夫そうです。むしろ一度差したら抜くのが大変そう。

ダイナミック一発ではありますが充分に解像感のある音で、割とフラットな音なので耳のストレスは少なめです。イヤーモニターと謳うだけはあります。
個人的な印象としては、同じくらいのモデルで比べるならFender DXA1よりM6 PROの方が高音質かな、とか。
まあ他製品との比較については鳴らせる環境の違いもあるので一概に言えないところはありますが。


p609
ナガオカ VINON P609

別の気にしていたイヤホンを買おうと思いeイヤホンに行ったんですが、店内を回っていたら中古コーナーで「ハウジングに傷あり」と書かれているものの特に傷が見当たらない箱なしのP609を発見してしまい、予定を変更して買ってしまったもの。
新品だと5000円から6000円程度ですが、箱がないとか傷があるとかで3000円弱でした。

このP609、ハイレゾ音源対応を売り文句にしているんですが、再生周波数帯域が4〜90,000Hzというとんでもないスペックになっています。
だいたいハイレゾ対応ならスペック表では40000Hzか45000Hzが上限のものが多いですが、それらを大きく上回る数値です。どちらにせよもはや超音波やんけというツッコミは野暮というものでしょう。そもそもハイレゾ対応って何やねんプレミアム感出したいだけちゃうんかという疑念はありますが、とりあえず一旦置いておきます。

ハウジングはアルミ製で、無地のつや消しにメーカーのロゴだけというシンプルな見た目です。

P609の音質について。
残念ながら90,000Hzの超高域が聞こえる耳を持っていないのでその帯域の音については分かりませんが、こちらも特に強調される帯域がなくフラットに近い音です。とにかくあっさりしている印象。ハイレゾ対応で推すだけあって確かに解像感は高いです。実売価格を考えると価格以上の音質だと思います。
リスニングかモニターかというとモニター寄りかなあという感じ。

手持ちのイヤホンで比べるなら、サトレックスDH299-A1Rをもっとあっさりさせたような、あるいはフォステクスTE05を少し大人しくしたような、Apple In-ear Headphones with Remote and Micに少し低音を…とか考えていましたが、まあとにかくそんな感じです。分かりにくいですね。
ここまで書けば大体分かりますが、間違っても低音がズンドコ鳴るタイプではないので、そっちが好きな人には向いていません。


どちらにしても微妙なラインを攻める感じになっているのは何なのか…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク