スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Greco

うっかり買っちゃった上にそのままリペアされてしまったベース。

greco1 greco2
greco3
Greco ミディアムスケールベース

グレコのミディアムスケールでPJ配列のベース…という感じで検索したところ、1994年のグレコのカタログに似たようなデザインのベースが掲載されており、それを見る限りでは恐らく PJB-520 ではないかと思われますが、ヘッドの裏にシリアルらしき数字が印字されているものの詳細は不明です。
PJB-520だとするとボディは "wood fiber" 、ローズ指板のミディアムスケールのネックにオリジナルのピックアップとブリッジというスペックのようです。
wood fiberというのは他のメーカーだとレゾンキャストとかキャストウッドとか言われるもののようで、集成材のようなものだとか。ボディ表の虎目みたいなのはプリントかフィルムでしょうか。だから何かダメなのかというとひとまずそんなことはなさそうで、まあ普通です。


最初に見つけたのは小さな中古楽器屋で、割ときれいなのに4980円という微妙な価格でした。
その時点ではネックが順反りでだいぶ弦高が高くなっており、その点で弾きづらさはあるもののそれ以外に特に問題はなく、反っているネックもまだロッドで調整可能だったので、調整してなんとかなるものと信じて思い切って購入。

その足でちょっと寄るくらいのつもりで別の楽器屋…というかESP直系のBIG BOSSに行き、このベースについて話して見てもらったところ、
・ネックの順反りは充分なんとかなる
・ジャックが緩いので交換すべき、ただオープンのジャックではなくシリンダーなので交換にやや手間がかかる
・まあそこまでするならいっそ電装系も全部入れ替えよう

・ちょうどこのベースを買った時がベースの日キャンペーン(11/11, 11/12)で「ベースの簡易メンテナンスが通常5000円のところ1111円だし全部やっちゃいましょう」

…ということで、買ってすぐBIG BOSSに預けて全体的な調整とオーバーホール的な作業をやってもらうことになりました。
そして1週間ほど経ってから受け取り、持ち帰ってきました。


ジャンク扱いで500円のベースアンプで出音がどうのこうのというのもアレですが、既に持っているSpector Performer 4と比べると出力が小さいです。スペクターだとアンプのボリュームが9時か10時の位置でちょうどいいところが、グレコだと11時より少し大きいくらいでちょうど良くなります。
ただこれに関しては、2ハムのスペクターの方が基本的に大出力なのでPJのグレコの出力が小さく感じるという程度のような気がします。あとスペクターと比べて低音が控えめなのもそういうアレっぽいです。
ミディアムスケールなのでフレットの間が広い方でも多少指が届きやすいとか。ロングスケールのスペクターとミディアムスケールのグレコで抱えた感じがさほど変わらなかったのは、単純にボディの大きさがほとんど変わらないせいだと思います。
スペクターのボディサイズやシェイプが取り回しの良さに極振りしたようなアレ(スタインバーガーみたいなのは除く)というのもあるでしょうが。

ミディアムスケールでロングスケールの弦を張っても問題ない場合は多いらしいですが、このグレコに関してはストリングポストが細いのでミディアム用の弦を用意した方がいい…ということだったので、とりあえずの予備用でEdwardsの47-106の2セット1000円の弦をついでに買ったりしました。
クルーソンタイプのペグならその辺りをあまり気にしなくてもいいということなんでしょうかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。