GRこわい

またついうっかり。

gr0.jpg
おや。

gr.jpg
リコー GR

GRD4を生け贄に召喚しました。センサーが1/1.7型のCCDからAPS-CサイズのCMOSに変わったモデルです。
レンズは変わらず換算28mm単焦点、ボディがわずかに大きくなりましたが同じくらい。

先代のGRD4は中古で買ったんですが、今回も中古です。
しかし説明書に押してある購入日時を見る限りでは購入が2014年6月、レリーズ回数が400回程度とまあほぼ使っていないも同然の状態だったので、思い切って買うことに。

持った感じは、先にも書きましたがGRD4よりわずかに大きいくらい。それでも違和感はほとんどないです。
全体のデザインやボタンのレイアウトがほとんど変わっていないので、余計に違和感を覚えにくいというか。


以下、晴れた日にちょっと散歩ついでに外で撮影してみたもの。ブログということでリサイズしてあります。


gr1.jpg
なんというか非常にすっきりとしています。GRD4も使いやすいことは使いやすかったし確かに高画質ではありましたが、センサーゆえか画素数ゆえか細かい部分はビミョーに見える部分もありました。
センサーサイズがAPS-Cになったことで細かい部分まで余裕を持って(?)写せるようになっていると思います。

gr2.jpg
マクロだとこんな感じ。実はマクロはGRD4より弱くなった(GRD4はレンズから1cmまで、GRは10cmまで)んですが、センサーが大きいのでよくボケます。

gr3.jpg
GRD4ではあった手ブレ補正がGRではまた無くなったので、低感度で少し暗い場所だと気をつけないとすぐ手ブレします。
サムネイルでは分かりにくいですがめっちゃブレています。

gr8.jpg
マクロその2。霧島の天然水。他意はない。

gr5.jpg
マクロその3。
GRのマクロはフォーカスモードを気をつけないと、ピントを合わせて欲しいポイントにピントを合わせてくれないことがあります。
マクロのときは「スポットAF」か「ピンポイントAF」にしたほうがいいです。マルチAFだとイライラします。

gr4.jpg
ちょっと開けた場所で一枚。

gr6.jpg
手ブレ写真その2。
ちょっと暗いかなと思ったら少し感度を上げたほうがいいかも知れません。室内の蛍光灯だと躊躇なく800や1600まで自動で上げてくれるようですが、外の半端に明るい場所ではあまりISO感度を上げないようです。
まあ、手ブレしそうならきちんと構えてシャッターを切れということですね。当然か。

gr7.jpg
田んぼの横のヒガンバナ。奥の稲から手前の雑草までばっちり写っています。


…という感じで、使い勝手はあまり変わらず大型センサーにローパスフィルターレスで画質が大幅に向上、ただし若干の癖があるのでそこは気をつけるべし、というファーストインプレッションになりました。

あと細かいところでは、保存中に電源ボタンを押すと保存が終わるまでレンズの収納を含めたシャットダウンに入ってくれないコンデジが多いですが、GRは保存中に電源ボタンを押すとまずレンズを収納してくれます。地味に便利というか安心。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク