すごくどうでもいい試み

ITmediaのねとらぼを見ていたら 「萌え絵師みさくらなんこつさんと華道家がコラボ 横浜三溪園で展覧会」という記事 があったので。


というかそもそもなんでその組み合わせを思いついたのかと…。

みさくらなんこつ氏といえばこくまろみるくでふたなりだし、花といえばそういう隠語だからそれはもう紹介記事からしてしゅごいぃぃことになっているのでは…と思ったらそんなに面白くなかったです(要するに普通に紹介しているだけ)。
Twitterの反応はことごとくそっち方面でしたけどね。

まあ若干悪乗りが過ぎるところのあるねとらぼとはいえそこまではしないか…。


で、その記事を適宜ひらがなにして みさくら語コンバータ でみさくら語に変換してみました。

元記事の文章がこちら。

11月20日~24日にかけて、イラストレーターのみさくらなんこつさんと、華道家の紅蓮さんによるコラボ展覧会「Re:shadow」が、三渓園(神奈川県横浜市)の旧燈明寺本堂で開催される。

 テーマは「怪異・影・闇」。重要文化財である室町時代建築の旧燈明寺本堂に、フラワーアーティストとイラストレーターが怪しくも美しい「和」の空間を作りだすという。来場者には豪華作家陣による個展パンフレットを無料配布する。開催時間は午前9時半~午後4時半。三渓園の入園料として大人500円、子ども200円必要。


ほとんどひらがなにしてみました。

11がつ20にち~24にちにかけて、イラストレーターのみさくらなんこつさんと、かどうかのぐれんさんによるコラボてんらんかい「Re:shadow」が、さんけいえん(神奈川県横浜市)のきゅうとうみょうじほんどうでかいさいされる。

 テーマは「かいい・かげ・やみ」。じゅうようぶんかざいであるむろまちじだいけんちくのきゅうとうみょうじほんどうに、フラワーアーティストとイラストレーターがあやしくもうつくしい「和」のくうかんをつくりだすという。らいじょうしゃにはごうかさっかじんによるこてんパンフレットをむりょうはいふする。かいさいじかんはごぜん9じはん~ごご4じはん。さんけいえんのにゅうえんりょうとしておとな500えん、こども200えんひつよう。


みさくら語。

11がちゅ20にち~24にちにかけて、イラストレーターのぉおおみしゃくらにゃんこちゅしゃんと、かどうかのぉおおぐれんしゃんによるコラボてんらんかいぃ「Re:shadow」が、しゃんけいぃえん(神奈川県横浜市)のぉおおきゅうとうみょうじほお゛お゛っんどうれかいぃしゃいぃしゃれるのぉおお。

 テーマは「かいぃぃぃっよぉおお゙・かげ・やみ」。じゅうようぶんかじゃいぃれぁあああ あぉるむろまちじらいぃけんちくのぉおおきゅうとうみょうじほお゛お゛っんどうに、フラワーアーティストとイラストレーターがぁあああ あぉやしくんもぉ゛お゛お゛ぉぉちゅくしいぃ「和」のぉおおくうかんをちゅくりらしゅといぃう。らいぃじょうしゃにはごうかしゃっかじんによるこてんパンフレットをむりょうはひぃふしゅるのぉおお。かいぃしゃいぃじかんはごぜん9じはん~ごご4じはん。しゃんけいぃえんのぉおおにゅうえんりょうとしてぇぇぇぇ゛お゙ぉおォおんとにゃ500えん、こども200えんひちゅよう。

原型がほとんど無い。


ところでこの展覧会、大人500円と子ども200円とありますが、子どもは行っても大丈夫なんでしょうか…絵的に…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク