ついにメインマシンを

時系列に沿って書くとこういう順番になります。
・メモリを32GB買った
・iMacを買った

というわけで以下に続きます。

32GB
Team Elite TSD38192M1600C11C-E (DDR3-1600 SODIMM 8GB) ×4

Apple Storeでメモリを32GBでCTOすると標準の価格から5万円アップになるので、「それくらいなら自分でやるよ!」ということでメモリを買いました。

iMac本体より先に。
だって円安とかそういうアレでPCパーツ関連が少しずつ値上がりするんですもの…。
KingstonやCorsairやその他メーカーのDDR3 SODIMMで8GBのメモリが1枚あたり4000円以上と軒並み値上がりしている中このTeamのメモリだけが1枚で3000円弱をキープしていたので、32GB分の4枚を先に確保しておいた、という次第です。
まあ、それから数日後に同じメモリの価格を見たら1枚で4000円を超えていたので、結果オーライといえばそうなんですが…。


で、メモリを買ってしばらくしてから。

imacbox.jpg
おや。

imac.jpg
Apple iMac (MD095J/A)


CPU: Intel Core i5 (2.9GHz, 4コア)
GPU: NVIDIA GeForce GTX 660M (GDDR5 512MB)
HDD: 1TB (ST1000DM003とあるので恐らくSeagate製)
RAM: 8GB → 32GB
Disp: 27インチ (2560*1440)

OS: Mac OS X 10.8.2


結局買いました。Fusion Driveをつけると高くなるので、いろいろ諦めて27インチでいちばん下の Core i5 2.9GHz のモデルにしました。それならApple Storeの店頭の在庫にもあったし。
当然メモリも標準の8GBで。まあ自分で32GBまで増設するわけですが。

27インチで2560*1440pxの超広いディスプレイは快適ですね。
IPSパネルと反射を低減したというガラスも相まってとてもキレイです。

日頃からバックアップを取っている (Time Machineを設定して自動でやらせていただけ) ので、そのバックアップから以前の環境を復元しました。この辺りが簡単に済んでしまうのは非常に楽ですね。
絵を描く環境についても、Painter XとPhotoshop Elements 8が動かなかったらどうしようと思ったりしましたが、ひとまず動いているようなので安心しました。
Pse8については移行直後だとライセンスが云々と駄々をこねて起動しませんでしたが…。Windowsの光学ドライブ経由でPse8をインストールし直して事なきを得ました。late 2012のiMacには光学ドライブが搭載されていませんが、リモートディスクとドライブの共有とかそういうアレはAppleが公式に解説しているのでそっちを参考にしてくだしあ。


mid 2007のiMacはTigerからすぐLeopardにして、それからSnow Leopard、Lionと順に更新して使ってきましたが、次にOSを新しくするときはMac本体ごと新しくしようと心に決めていました。
というのも、Mountain Lionの対応状況でmid 2007のiMacがギリギリセーフだったので、そうなると性能的に使い続けるのも辛いかも知れない、と思ったのです。いやまあ軽い用途に使う分にはC2Dでも問題ないといえばまあ問題ないんでしょうが…。

まあ、LionまでのOSと比べてMountain Lionでも全く違和感なく使えているので、その点についてはいいんですが。


またこれで数年は戦える(?)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク