なのなの

iPod nano (第6世代) のスリープボタンが埋まってどうにも使えなくなってしまったので、しばらく眠っていたWalkmanを再稼働させて凌ごうかと思ったんですが、Walkmanに音楽を入れるのがとても面倒だし同期も微妙に上手くいっていないのでいろいろ我慢できず、iPod nanoがダメになってから2日で買い換えることにしましたよ。

WMPもx-アプリも使いづらい。
特にx-アプリは、ソニーは可及的速やかに公開を止めるべきと言っても過言ではないくらい使いづらい。

iPod nano 7gen
Apple iPod nano (MD744J/A)

第7世代のiPod nanoです。せっかくApple Storeに行ったんだから、ということで (PRODUCT) RED の赤色にしました。
まあ、Apple Storeで買ったのは、買い換えるついでに第6世代のnanoをリサイクルプログラムで回収してもらうのがいちばんの理由だったんですが…。使えないiPodを大事に持っている意味もないし…。

iPod nano 7gen 2
ついでにApple Storeでシャレオツなカバーも買いました。
せっかくリサイクルプログラムで安くしてもらったのに、その安くなった分を台無しにするような買い方ですね。


第5世代touchと第7世代nanoには純正のイヤホンとしてEarPods (リモコン無し) が付属しますが、tsucchieさんは既にwith Remote and MicのEarPodsを別に持っているので必要なかったりします。
まあ予備にでも取っておけばどこかで使える…かな?

iPodおよびiPhoneのアクセサリーを見ていて思ったんですが、Lightningケーブルは現状ではApple純正のものを買うのがいちばん良さそうですね…。
サードパーティ製のLightningケーブルはLightning端子の部分がまっすぐ出ていない、そしてそのまっすぐでない度合が個体によってバラバラで精度が非常に不安なくせに純正と価格がさほど変わらないという状況なので、だったら普通に純正品でええやん、という感じです。



iPodをMacに繋いでiTunesに認識させた途端ソフトウェアのアップデートを求められて何とも言えない気分になりましたが、それ以外は通常どおり同期できました。Lightning端子ということで同期にかかる時間が短くなったりしないかと思ったりしましたがそんなことはなく、2000曲ほど一度に同期させたらフツーに数時間かかりました。まあそれについてはMac本体の性能とUSBの転送速度がネックになっていますよね。
Thunderbolt-Lightningケーブルなんてものが出たら超高速で転送してくれそうなものですが。

まあそもそもThunderbolt端子なんてmid2007のiMacには搭載されているわけもないんですけどね!
late2012の27インチiMacが欲しい。


音質について…と殊更に言うほど音質が良いとかイコライザをカスタマイズできるとかそういうアレをiPodに求めるものでもないのは分かっていますが。
第6世代nanoより若干低音が弱くなったような気がします。気のせいかも知れない。
まあ変わったとしても本当に少しなので、良くも悪くも大きくは変わっていないわけですが…。

とりあえず、第6世代と第7世代で見た目が全然違うのに全く違和感なく使えたのはさすがAppleというところ。
本体左側の3ボタンは確かに便利です。イヤホンにリモコンがなくても画面を全く見ずに基本的な操作ができるのは大きな改良点ですね。
クリップが無くなってしまったのはやや残念ですが、その代わりに薄くなった、画面が大きくなって曲の一覧が見やすくなったと思えばあるいは…。


Appleから発表された当初は「なんでぇ、小さいiPod touchかよ、半端なモン出しやがって」とも思ったりしましたが、実際に触ってみると普通に問題なく使えるので、いいと思います(?)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク