PC自作日記その2

PCを組み立ててOSと必要なドライバなどをインストールしてからやったこと。


1: iTunesのインストールと音楽ファイルの移行
いやお前その前に何か他にあるだろ、と言われそうですが。
とりあえずこれで初号機がただの便利な置物にならずに済みます。少なくともジュークボックス的には使えます。


2: ストレージのAHCI化
入れてそのままになっていたので、SSDもHDDもIDE互換で接続されていました。
イマイチ冴えない速度なのはそのせいだということで、BIOSでIDEからAHCIに切り替えたら上手く起動せず。
ブルースクリーンが出るも本当に一瞬なので何が起きたか分からず、IDEとかAHCIとかで起動しない問題について調べてみると、まずはレジストリをいじってWindowsでIDEとAHCIを切り替えてからBIOSも同じように変更する必要がある、ということでした。

というわけでそのように変更して何とかAHCI化に成功。前よりさらにOSの起動が速くなりました。
ただ、AHCIにしてからSSDをCrystalDiskMarkでベンチしてみたら、IDEの時よりリードが上がってライトが落ちたんですよね…。
速度が上がるならシーケンシャルライトやランダムライトも全体的に上げてくださいよ、というか。


3: メモリのクロックアップ(?)→失敗
今初号機に挿しているメモリはCorsairのVengeanceなのですが、見ると1333MHzで動作していました。
一応XMPで1600MHzまで対応しているようなので、これはBIOSで設定を変更すればいけるのではないかと思っていじったら起動しなくなりました。
起動時にマザーボード (P8B75-M) のメモリのLEDが点灯します。メモリに何らかのエラーが出ている状態です。

それまでは1333MHzで普通に動いていた、BIOSでXMPを有効にして1600MHzの動作にしたら起動しなくなった、ということで1333MHzに戻したらまた普通に動きました。
P8B75-Mが恐らくXMPに対応していないのでは、という推測のもとに1333MHzで使うことにします。


4: ネットワークのワイヤレス化 (Logitec LAN-WN11/U2DS)
以前PSPでXlink Kaiで遊ぼうと思ってロジテックの LAN-WN11/U2DS を買ったものの、Macでは微妙に上手く使えずずっと放置されていたんですが、せっかくだし初号機に流用できないかしらと考えました。
というのも、初号機を置いた場所からルータまで有線でつなぐのに、とりあえず買ってきた3mのLANケーブルでは届くものの余裕がなくケーブルが宙に浮いていました。改めて5mのLANケーブルを買ってくるのもダルいのと、「そういえば前になんかそんなアレを買ってきていたけどどこにあったかしら」と思い出したので、とりあえず試してみることに。

ロジテックのサイトからユーティリティソフトを入手して、SSIDとパスワードを設定して、成功。
これで煩わしい宙に浮いたLANケーブルから解放されるというものです。
だったら最初から余裕のある長さのLANケーブルを買ってこいよという。



東芝製の6980円の謎SSDでも超高速起動が実現できるのはいいですね。Windowsが起動してからは本当に一瞬です。
どうせならPlextorやサムスンやCorsairのSSDを使いたかったところですが、値段がアレだったもので。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク