α65と共に

せっかくなので、伝家の宝刀その1: 100mmマクロをα65に着けて散歩に行ってみました。

でもさすがに換算で150mmになる単焦点一本だけでは不安(?)なので、24-50mmのズームも一緒に持って行きましたよ。100マクロだけでは汎用性がアレだし。


a65sh0001.jpg
SLT-A65V / Minolta AF Macro 100mm F2.8
いかにもマクロらしい感じで。

a65sh0002.jpg
SLT-A65V / Minolta AF Macro 100mm F2.8
いかにもマクロらしい第二弾。むやみに背景をぼかしてみました。

a65sh0003.jpg
SLT-A65V / Minolta AF Zoom 24-50mm F4
ミノルタの標準ズーム。APS-Cだと36-75mm相当という実に半端なズームになります。
まあでも準広角から中望遠までカバーできる、と考えればあるいは…。

a65sh0004.jpg
SLT-A65V / Minolta AF Macro 100mm F2.8
夕方の駐車場で野良猫が群れていたので撮ってみたり。
150mm相当なのであまり近づかなくてもこれくらいまで撮れます。望遠寄りになるのが少し便利になる例(?)。

a65sh0005.jpg
SLT-A65V / Minolta AF Macro 100mm F2.8
縦にしたら他の猫が背景に写り込んでいました。ボケているけど。ちょっといい感じ?

a65sh0006.jpg
SLT-A65V / Minolta AF Macro 100mm F2.8
ちょっと目線が逸れた黒猫。

a65sh0009.jpg
SLT-A65V / Minolta AF Macro 100mm F2.8
ちょっと絞って猫の頭全体にピントが合うようにしたほうがよかったかも知れない。
まあ野良猫がその設定をする間ずっと気前よく止まっていてくれたりするわけがないんですが…。

a65sh0010.jpg
SLT-A65V / Minolta AF Macro 100mm F2.8
100マクロがあまり新しいレンズではないせいか、白飛びすると白い部分の周囲に溢れるように盛大にパープルフリンジが出るようです。
100マクロを使うときはちょっと気をつけないといけない。

a65sh0007.jpg
SLT-A65V / Minolta AF Macro 100mm F2.8
白い部分があるけどあんまり白飛びしていない。若干アンダーにしたほうがいいかも知れないですね。

a65sh0008.jpg
SLT-A65V / Minolta AF Macro 100mm F2.8
何となく街灯を撮ってみたり。


カメラを持って出たのが夕方だったので状況としてはあまりよくなかったかも。

まあでも普通に使えるし普通に写るのでいいですね。
積極的に…というには100マクロは使いにくい焦点距離ですが、もう少し使ってあげたいな、と思いました。

まあそれよりも魚眼じゃない24mm相当の単焦点レンズが欲しいというか…。
APS-Cなら16mmか。純正じゃなくてもいいので16mm F2.8とか作りませんかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク