三洋ループ

eneloop mobile boosterは前から欲しいと思っていて、最初に買ったのはKBC-L3ASでした。
その時は普通のオープン価格で買ったので3980円でした。

持ち運びやすい大きさだし容量もそれなりにある(2500mAh)ので便利なんですが、スマートフォン(SO-01B)を充電するのにMicro-USBのアタッチメントが必要だとか、電池の残りを見るのにインジケーターが青いLEDのみで分かりにくいとか、それなりに気になる点がありました。いやまあ便利は便利なんですけども。

で、新モデルが出ていて、L3ASで感じていた気になる点がだいぶ改善されているようだったので…。

KBC-L54D
三洋 eneloop mobile booster KBC-L54D

前モデルはKBC-L2BSですが、それから出力と容量ともにアップし、インジケーターを見やすくした改良版。地元のあるカメラ屋で4280円でした。
半分の容量で半分のサイズのL27Dもあるんですが、コスト的にはL54Dのほうがいいかなあと思ったり…。
あとパナソニックからqi対応の同容量・ほぼ同デザインのモデルが出ていますが、別にqiは要らないし。

L54DcompareL3AS
並べてみる。

KBC-L2BS/L3ASとKBC-L54D/L27Dには容量と出力以外に、充電用のUSB端子が違います。
前者はUSB miniBで充電しますが、後者はMicro-USBで充電します。よりスマートフォン向けになったというアレですね。今まではminiBにMicro-USBのアタッチメントを着けていたんですが、それが要らなくなるのでちょっと楽になります。たぶん。


それにしても、ソニーからも同じような用途の充電池が出ているし、その他有象無象の充電池もありますが、三洋及びパナソニックの充電池が圧倒的に便利でお買い得のように思います。わざわざ他の少ない容量の電池を選ぶ理由がないというか…。パナソニックor三洋ブランドの製品を買えない宗教の人なら話は別ですけども…。


実はstick boosterも持っていたりするんですが、mobile boosterのおかげで使いどころが全然なかったり…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク