ライオンに会いに行くための道のり

この記事は一応時系列に沿っている…はず、です。

LionはMac App Storeからダウンロードできます。1ライセンス2600円。プロプライエタリなOSなのに激安!

それで、自分の使うiMacに入れる前に店頭にあった13インチMBA(当然Sandy Bridge)で少し試してみました。
トラックパッドを使う操作が多い、3本や4本指を使うこともあるので、これはそれまで使っていたMagic Mouseでは明らかに足りなくなるだろうということで。
Magic Trackpad
まずはMagic Trackpad。この写真はまだSnow Leopardだったときに撮ったものです。

Magic Trackpad
こんな感じで使います。
手首の辺りに何かクッション的なものを置ければいいんですが、如何せんMagic Trackpadの高さが低いので…。

Mac OS X Lion has come!
そしてMASでLionをダウンロードし、インストールした直後。
ちょっと使ううちに、Lionの新機能は確かに便利なんですが、それがけっこうメモリを使う場合があることが分かってきました。まあ最新のOSとは得てしてそういうものです(?)。
まあブラウジングだけならいいんですけど、他にいろいろソフトを同時に使うとなると辛いことも。ブラウザ自体もけっこうメモリを食うし…。一緒にPhotoshop Elementsを使ったりするとてきめんです。

4GBでも充分アレなのにさらに増やすのか、そもそもmid 2007のiMacは4GBまでしか入れられないじゃないか、とどこかで言われていそうな気もしますが、実はmid 2007のiMacは2+4で6GBまで入れられるという報告が複数あるのです。問題はSO-DIMM DDR2の1枚で4GBというメモリが少ないうえに比較的高いこと。

で。

2GB
今までiMacに入れていた4GBのうちの半分の2GBを、
4GB
新しく買ってきた4GBと交換。買った店ではこの1枚しか在庫がなかったとか。買い占めイクナイ!

Mac OS X 10.7
そして6GBになりました。きちんと全部認識されています。相性とかチップセットとか、ひとまず問題はなさそうです。

6GB RAM
入れたとおりの4+2で6GBになっていて安心しました。
Painter Xも使えるし、これで最新のOSでもまだ戦えます。たぶん!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク