ヘッドホンオーディオ環境構築記2

前回はアナログで接続した状態でのオーディオでしたが、今回はデジタルです。

Sound Blaster Pack
Creative USB Sound Blaster Digital Music Premium HD

CreativeのUSB DAC。対応機種にMacは一つも入っていませんがMacでも使えます。
USBと光デジタルの2系統でデジタル入力ができます。

Set
設置と使用中のイメージ。K530を接続しています。外はプラスチックですが安っぽい印象はないです。
前面のステレオジャックは標準の6.3mm。

illust
こういう感じでMacと接続しています。一応光デジタルでも接続していますが音が出ません。解決法は現在不明。
USBから音を出すようにシステム環境設定で設定すればいいです。背面のRCAでCompanion 2と接続しています。
前面のステレオジャックと排他使用になるのは個人的に便利。


音についてはさすがデジタルというべきか、HA400よりはっきりした感じがあります。前はよく聴こえなかった細かい音まで聴こえるようになったような気もします。
あと、HA400のときはヘッドホンをつなぐ瞬間に大きなノイズが入ったんですが、Sound Blasterはそれがありませんでした。まあある意味では当然なんですが…。

試しに24bit/48000Hzの"Peter Gabriel "Scratch My Back"をK530で再生してみたらいろいろすごかったです。
こりゃPeter Gabrielがこだわった理由も分かるわ…。「24bitで48kHzとか意味なくね?」と思ってごめんなさい。



というわけで、USB Sound BlasterをUSB経由で使う方向に変更。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメントさせてもらいます

排他使用とはスピーカーどヘッドホン同時に音を鳴らせるということでしょうか?
僕もこのDACをMacで使っているのですが、ヘッドホンをつなぐとスピーカー(RCA)から音が出なくなります。

どのように設定しているか教えてもらえませんか。

排他使用は、どちらか片方しか使えないということです。
RCAとステレオジャック両方に機器を接続するとステレオジャックの出力が優先されてRCAからは音が出なくなります。ステレオジャックから抜くとまたRCAから音が出るようになります。
これはソフトの設定ではなく、Sound Blasterの仕様です。

そうでしたか。どっちか一方のみ出力できるということですね!

ありがとうございました
プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク