魔法のアレのその後

Magic Mouseですが、Apple Storeに行ってGenius Barで見てもらいました。
私のMacで見られたトラッキングが悪い不具合がどれほどのものかというのは結局分からずじまいだったんですが、とりあえず交換修理ということで、新品と交換することになりました。

で、Magic Mouseを買ったのが2010年1月1日(自分のTwilogで調べた)で、それから1年未満なので無償修理の対象となるはずなんですが、そのための購入店のレシートなどがありませんでした。10ヶ月も前の紙切れなんか大事に持っているかよっていうアレです。
購入店(ツクモ電機)に行って私の会員カードでの購入履歴を調べたら確かに2010/1/1にMagic Mouseを買ったという記録があったので、それをプリントアウトしてもらいました。無償になるはずなのに6000円近く払うのもアレですし。



結果。

無事に無償での交換となりました。よかったよかった。
Genius BarのMBProではよく分からなかったんですが、私のiMacで確かめたら完全に解消されていました。というわけでやはりというべきかマウスが原因だったようです。
結局、前のマウスの何がアレだったのかは分からなかったんですが、まあ何とかなったのでよしとします。Genius Barでも出来る限りの対処をしてくれましたし。

ついでと言うべきか、前のMagic Mouseと新しいMagic Mouseはちょっと違いました。
ソフトなのかハードなのか、eneloopを入れても残量が少なく表示されることがなくなりました。前は満充電したeneloopを入れても残量が85%とか91%とか、アルカリ電池との電圧の違いか残量が少なく認識されていたんですが、新しいのはきちんと100%が出ます。まあApple謹製の充電池もありますしねえ…。




まあ、無事に解決したというわけで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク