アイパッヨ

2014年にiPad mini 2を購入してずっと使ってきました が、最近ちょっとヤバい感じになっていました。

ある日いつものようにマイクラPEで遊んでいたら、画面をタッチした後に液晶ディスプレイを指で押したような暗い波が出るようになりました。
そしてそうなった時にiPad mini 2を斜めから見ると、ディスプレイの中央くらいにニュートンリング的な干渉している跡が見える。軽く押してみるとその跡が広がったり戻ったりする。一体なんだろうか、ガラスフィルムに何かあるのかと思いガラスフィルムを剥がして斜めから見ると、どうやらフィルムではなく本体のディスプレイより下にある何かが液晶パネルに干渉しているようでした。

まあ気にしなくてもいいかと思って使っていましたが、日毎に干渉がひどくなっていきました。
それに伴ってか、ちょっと何かに使っていると15分くらいですぐ背面が明らかに熱を持つようになっていきました。

そうなりうる原因をいくつか考えてみましたが、一つ思い当たったのがバッテリーの劣化と膨張。
というかiPadの内部にあるものでディスプレイに干渉しそうなものというと膨張したバッテリーくらいしか思い当たりません。iPadではないですが、バッテリーがパンパンに膨張してハマグリみたいに開いた古いiPhoneをいくつか見たことがあるので、おそらくそのまま使い続けると最終的には同様にiPad mini 2がパカッと開く恐れがありました。
まあさすがにそこまで行く前に電源が入らなくなるか画面に何も映らなくなっているとは思いますが。

で、そうなると次のiPadをアレする必要が出てきます。
本命はiPad mini 4でしたが、現在ラインナップにあるiPad mini 4は128GBしかなく、どうしても価格が高くなってしまうのがネック。そしてiPad mini 4は2015年に発表されてから刷新されておらずCPUがまだApple A8のまま。
そしてそこで比較対象として挙がったのが、2017年春に発表された第5世代のiPadです。それまであったiPad Air 2を置き換える形でラインナップに加わったものですが、ちょうどその時は9.7インチiPad Proもあったし後に10.5インチiPad Proも出たので、事実上廉価版のiPadということになっています。

iPad mini 4は
・Apple A8
・7.9インチ(2048*1536px, 326ppi)
・耐指紋性撥油コーティング
・フルラミネーションディスプレイ
・反射防止コーティング
・128GBのみ、45800円

iPad 第5世代は
・Apple A9
・9.7インチ(2048*1536px, 264ppi)
・耐指紋性撥油コーティング
・32GBが37800円、128GBが48800円(どちらもWi-Fiモデル)

という感じで、ディスプレイの仕様ではiPad mini 4の方がちょっと上です。しかし処理性能としてはやはりA9の方が上なのと、ストレージの容量やディスプレイ周りのコストカットを気にしないならiPad Wi-Fi 32GBはiPadシリーズとしてはとてもお買い得というのが大きな利点。
本音を言うならやはりiPad mini 4のディスプレイの方が解像度以上に見た目にきれいというのはありますが、iPad mini 4とiPad 5thを比べてフルラミネーションディスプレイや反射防止コーティングの有無で色の表現がすごく大きく変わるというほどのものでもないし、別で反射防止コーティングとかしてあるガラスフィルムを買えばiPad 5thでも多少なんとかなるというのも確か。

そんなわけで。

ipadbox
ipadbef
iPad 第5世代 Wi-Fi 32GB スペースグレイ(MP2F2J/A)

代わりというには少々大きいですが、iPad mini 2からiPad 5thになりました。
今まで使っていたiPad mini 2をApple Renew Programで下取り、査定額を新しく買うiPadから差し引く形でお安くお買い求めいただけるアレを利用したので、普通に買うより結構安くなりました。
iPad 5th Wi-Fi 32GBが37800円+税で4万円強になるところですが、iPad mini 2 Wi-Fi 16GBが8000円になったので、実際に買うのは32000円強。結果的に2割引くらい。iPodシリーズのApple Recycle Programが1割引なのでそれより少し値引きの割合が大きめになりました。
今回はiPad mini 2 Wi-Fi 16GBだったので最大8000円でしたが、他のモデルだとか本体の状態によって査定額が変わる可能性があります。

帰る途中に間に合わせで100円ショップで買ったiPad Air用液晶保護フィルムがひどかったので、急遽AmazonでガラスフィルムとiPad 5th用の蓋つきケースをアレしました。

ipadaft
ケースはELTD iPad 2017年モデル用
ガラスフィルムはELTD iPad Air以降の9.7インチ対応のタイプ

横に置いてあるのはサイズ比較のiPod touch 6thです。大きいですね。

使用感としては、やはり7.9インチから9.7インチになって重くなったなあと。とはいえそう毎日どこかに持ち出すわけでもないし、たまに持ち出すにせよ明らかに携帯性が損なわれたという感じでもないのでまあいいかなあと。
物理的に画面が大きくなったので、ソフトウェアキーボードも大きくなり文字入力がしやすくなったような気がします。
iPad mini 2からの性能向上はマイクラPEでサトウキビの中を歩くときにコマ落ちしなくなったところで実感しました。それでいいのかという気はしますがまあこの際いいです。

これで新しいiOSが来ても充分戦えるはず。
スポンサーサイト
プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク