Painterつれづれ

c88cover1

C88で出す予定の薄い本の表紙絵にしようとしていた落書き。
何らかのかたちで再利用できる可能性があったりなかったり。


Painter 2015を使っていて思ったことをいくつか。もちろん前バージョンと比べて起動が速くなったり全体の動作が軽くなったのはいいんですが、それでも気になる点がやっぱりあるのです。
9ヶ月ほど使ってから 今更書くことかという気もしますが。

ブラシツールの時だけブラシサイズ変更が遅い
デフォルトだと " [ " と " ] " のキーがブラシサイズ変更に割り当てられていて、Intuos 5(Intuos 4とIntuos Proもたぶん同じ)のホイールを回すようになぞるとブラシサイズが1.0ずつ上下するんですが、それがブラシツール使用時だけ反応が悪いです。キャンバスサイズが大きい、大きいサイズのファイルを開いている時間が長いほど顕著になります。そしてブラシサイズを変えている途中は何も描けない状態になります。
自分がよく使うソフトブレンド擦筆やグレーズ丸筆などのぼかすブラシだとブラシサイズを大きくしないといけない場合がけっこうあるんですが、そこで待たされるのもアレです。
ただ、じゃあ消しゴムツールの時も悪いのかというと消しゴムツールでは全くない(回した分だけ即座に反映される)し、バックグラウンドで何か重い作業をしているわけでもないのにブラシツールの時だけそうなるので、CPUの処理が追いついていないとかいうわけではない…と思います。


カラー校正モードを有効にしている間、キャンバスの色とナビゲーションパレットの色が合わない
これはもしかしたらPainterだけの問題ではないかも。
painterss.png
元になったイラストはこちら。(リンク先はpixiv)

これはカラー校正モードを「Photoshop 5 Default CMYK」でオンにしている状態です。
ナビゲーションパレットが小さいのでだいぶ見づらいですが、左に大きく出ているキャンバスと色が違います。
まあナビゲーションパレットをずっと見ているわけではないのでさほど重要ではないんですが、それでも見た目に色が違うと気になるなあ、と。

変形ツールの使用中にクラッシュする
これは前バージョンからある問題。変形ツールで拡大・縮小と回転を一回でやろうとするとしばしばクラッシュします。
まあしかしPainterは変形ツールが弱い。かといって気になるけどいちいち手で描き直す手間はかけられないし、変形の時だけその都度保存してPhotoshopに持っていって変形してまたPainterに戻って…というのもやっていられないので、せめて変形ツールでクラッシュしないようにしてほしいところ。
そもそもそういう操作を必要としない程度にしてからPainterの作業に移れと言われればはいそうですとしか言えないですけども。


まあでも何だかんだでPainterは随所の不親切さ(手ブレ補正がないとか)も含め嫌いではないので、クラッシュや異常にレスポンスが悪いなどのマズい点をなんとかしてほしいなあと思ったり思わなかったりするわけです。
CorelはPainterのフィックスをもっと出すべきだと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク