OS X Yosemite 10.10.3でカーネルパニックが出た件

2015年4月にリリースされたOS X Yosemite 10.10.3で、アップデート中にカーネルパニックが出て正常に起動できない場合があります。

…というかまさに自分がそれにぶつかり、検索しつつなんとか解決したので、その前後の話について。


4/9のこと、OSのアップデートが降ってきていたので自動でやらせつつちょっと出かけて帰ってきたら終わっている…くらいのつもりでいたんですが。

※この時点では "Recovery HD" から起動してリカバリーしてもダメで、Recovery HDのパーティションも何かマズいことになっているんじゃないかという勘違いをしています。

まあこのpostの通り、帰ってきたら動かなくなっていました。
電源は入っているものの画面が暗いままで全く反応がなく、仕方なく電源ボタン長押しで強制的に電源を落として入れなおしたら、次に起動するときにはカーネルパニックが出るようになっていました。

何度起動してもカーネルパニックが出るので、Time Machineで10.10.2までの最新のバックアップから復元し、また10.10.3のアップデートを試してみました。しかしそれでもパニックが出ました。
で、この時点で10.10.2は正常に起動、10.10.3はパニックということで、ハードウェアの問題でないことが確認できます。


そんなわけでShiftを押しながらセーフブートしたら、10.10.3のアップデートが完了した状態で起動しました。
そしてその直後に再起動で通常起動しようとすると、やはりカーネルパニックが出ました。

ここで、OS自体の問題ではなく、何かの拡張かアプリケーションがマズい感じになっているのが分かります。



そんな感じでカーネルパニックが出ている短い時間の間にiPad miniのカメラで急いで撮ったのが下の方の写真。


Debugger called: <panic>
(中略)
Kernel Extention in backtrace:
com.visicom.ManyCam.VideoDevice.driver(3.0.11)
(以下略)

というのが見えたので、つまりこれはデスクトップキャプチャのManyCamが10.10.3の起動を妨げているのではないかと。
セーフブートなら起動するので、画面の描画に時間が掛かるのを堪えつつセーフブートの10.10.3でManyCamをアンインストールしました。
実はこの時についでにSoundflowerもアンインストールしてしまっているんですが、あまり関係はないと思います。


そして通常起動したところ、正常に起動できました。
それ以降特にこれといった問題は見られないので、恐らく今回はManyCamだけが引っかかっていたものと思われます。


…と思っていたら、ManyCamのブログで「最新版のManyCamが10.10.3だと動かないわ」と公式に発表していました。
10.10.3のベータ版ではシステムがクラッシュする、セーフブートでManyCamを削除すると戻る、というところまで完全に一致ですね…。
スポンサーサイト

PC自作日記その4

前回 はパフォーマンス向上を目的にCPUを交換しましたが、それ以来しばらく全く手を付けていませんでした。

とはいえ全く問題がなかったのかというとそういうわけでもなく。具体的には、ケース(SilverStone PS08)が微妙に小さいせいで850Wの電源ユニットから出るケーブルをまとめる場所が少ないとか、SSDのコントローラーがSandforceでリードは速いけどライトが微妙にふるわないとか、そんなところです。
電源のケーブルがごちゃごちゃしていてマザーボードに手を入れづらかったというのがいちばんアレでした。


というわけで。

BitFenix Neos Black/Blue ミドルタワーPCケース CS4654 BFC-NEO-100-KKXSB-RPBitFenix Neos Black/Blue ミドルタワーPCケース CS4654 BFC-NEO-100-KKXSB-RP
(2015/01/09)
BitFenix

商品詳細を見る

ケースはツクモ電機で見かけたちょっとカッコ良かったBitFenix Neosのブルーに。
ATXまでのマザーボードに対応しているので、microATXならスペースに余裕ができます。

あとはSSDも替えたかったので、NeosのついでにSSDも買いました。

ultra2
SanDisk Ultra II SSD 240GB (SDSSDHII-240G-J25)

同じくらいの値段でOCZのArc 100もあったんですが、Ultra IIが少しだけ安かったので。
SanDiskとかど真ん中安牌すぎてどうなのという選択肢ではありますが。

xigma
Xigmatek XAF-1251

Neosにフロントのファンがない(装着するスペースは空いている)ということだったので、まあ必要だろうということでファンも一つ買いました。
フロントに付けたはいいものの、電源ケーブルの長さが足りないせいでマザーのケースファン電源ピンに届かず、近くにあったペリフェラル4pinからアダプタを介して電源を取ったら常時フル回転でうるさいので仕方なく3pinの延長ケーブルを買いに行ったという曰くつき(?)のファンです。
電源ケーブルが短かったのは、メーカーとしてはリアに付けるのを想定していたのではないかなあと。

マザーで電源を取ったらフル回転ではなくなりそれなりに静かになりました。

bfneos
だいたいこんな感じ。前面のLITEONの光学ドライブがいい味を出しています(?)。
周りが汚いのはご容赦ください。

ultra2bench
で、Ultra IIはこんな感じ。リードはともかくライトは圧倒的に速いですね。
以前使っていたCFDのSSDはリードが460MB/sくらい、ライトが240MB/sくらいだったので、間違いなく高速化できています。
240GBあれば多少大きいアプリケーションやファイルでも容量に余裕があるというのもあります。


tsucchiePC改

OSMicrosoft Windows 7 Professional 64bit
M/BASUS P8B75-M
CPUIntel Core i5-3570K (3.4GHz, 4C4T)
GPUMSI R7750-PMD1GD5 (AMD Radeon HD 7750, GDDR5 1GB)
SSDSanDisk SDSSDHII-240G-J25 (SATA 3.0, 240GB)
HDDSeagate ST1000DM003 (1TB)
MEMCorsair Vengeance 8GB (PC3-12800, 4GB×2)
ODDLITEON iHAS324-27 (DVDスーパーマルチドライブ)
PSUCorsair TX850 V2 (ATX 850W)

ケース: Bitfenix Neos Black/Blue (BFC-NEO-100-WWXKB-RP)


CPUやマザーボードはIvy世代ですが、見た目が少しオシャレになったのとシステムドライブのSSDに余裕ができたので、2015年でも充分戦えると思います。
あと替えるとしたらグラフィックボードか…。でも今のところHD7750で足りないと思う場面は特にないし…。
プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク