ティア109の薄い本について

コミティア109で出したイラスト本について。

comitia109coverコミティア107のイラスト本 と同様にBOOTHで通販をしています。
表紙の画像をクリックするとBOOTHの個別のページに飛びます。成年向けなので一応注意。

価格は 400円 となっています。

コミティア107の直後はまだカード決済しか対応していませんでしたが、現在は銀行決済やコンビニ決済も対応しているので、クレジットカードをお持ちでなくともBOOTHで購入できます。

前回の本もまだあるので、そちらもよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : イラスト
ジャンル : ブログ

コミティア109

8/31に東京ビッグサイトで開催されるコミティア109にサークル参加します。
スペースは「へ21a」、サークル名は「竜の巣のあっち側」です。一人です。

comitia109cover
タイトルは『scraps; Silver』で、内容は看板娘のギンコさんのちょっとえっちいフルカラーの8ページの薄いイラスト本です。
一応成年向けということでご注意ください。表紙は上の絵です。

あと、コミティア107で出したイラスト本も持って行きます。

今回のイラスト本は表紙から内容まで全部を10日くらいで描いたので、明らかに前と後ろで絵が安定していなかったりそもそも絵が全体的にアレだったりしますが、すごく急ぎ足で描いたのでそのせいということにさせてください。
だったらもう少し前に判断して諦めるなり何なりしましょうよっていう。


まあそんな感じで、よろしければお立ち寄りください。

テーマ : イラスト
ジャンル : ブログ

モバイルバッテリー

ASGA602W_1
GIGABYTE RF X G60A (AS-GA602-W)

Amazonで 980円 の特価で売られていて一時的に話題になり、話題になった途端一瞬で売り切れたGIGABYTEのモバイルバッテリーです。パナソニック製のバッテリーセルを使用しているので品質には自信ありとか何とか。
自分が最初に見たのは黒いモデルでしたが、黒いほうはあっという間に売り切れてしまい、「まだ白いほうならあるっぽい」ということで白いモデルにしました。こちらも注文した時点では980円。
後で見たら5980円とか4980円とかで激しく値上がりしていましたが…。

日本ギガバイト GIGABYTE モバイルバッテリー G60Aシリーズ 6000mAh ホワイト AS-GA602-W日本ギガバイト GIGABYTE モバイルバッテリー G60Aシリーズ 6000mAh ホワイト AS-GA602-W
()
日本ギガバイト

商品詳細を見る


というわけで、手持ちのmobile boosterと比較など。
ASGA602W_3
見ての通りですが上がGA602-W、下がeneloop mobile booster (KBC-L54D) です。
GA602のほうがわずかに大きいですが、ほぼ同じ大きさでいいと思います。あとGIGABYTEのほうが角が立っています。
残量のインジケーターは、eneloopは真ん中のボタンを長押ししてLEDの色(緑→オレンジ→赤)で判別、GIGABYTEは1-4個の青色LEDで判別します。この点についてはGA602が見やすいかも。

公称スペックとしては、L54Dが5400mAh、GA602が6000mAhでGA602のほうが上。
L54Dは最大1.5Aの出力、GA602は最大2.1Aの出力でGA602のほうが上。
実際に使うとなるとどちらも公称スペック通り100%出るわけではないでしょうが、GA602のほうが全体的に少し性能が上という感じですね。

ASGA602W_2
端子の位置はL54Dが中央、GA602が手前?右側?に寄っています。
使い勝手はどちらでもそんなに変わらない。


L54Dがあるなら同じくらいの性能のGA602は要らんやん、と言われそうですが、まああれば便利というか安心はあるし、何より980円だったので仕方ないですね。
有象無象の怪しいバッテリーならいざ知らず、GIGABYTEというそこそこ有名なブランドなのもあり…。

とりあえずまあぼちぼち使ってみようかと思います。
プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク