PowerShot S95

適当な物撮り 兼 携帯できる汎用的デジカメ、ということで。

s95-1.jpg
Canon PowerShot S95

実は初めてのキヤノンのデジカメ。中古だけど。17000円くらい。
デジカメはパナソニック (LX7) 、ペンタックス (Optio I-10) 、リコー(GRD4) 、ソニー (α65) と持っていますが、キヤノンとニコンの2大メーカーのものは一つも持っていませんでした。S95で初めてキヤノンのデジカメを使うことになります。

ズーム域がLX7とかぶっていますが、LX7は大きめなのでちょっと持ち運びにはアレ。
望遠端がちょっと暗いけどS95のほうが持って行きやすいかな、とか。


既にPowerShot S100やPowerShot S110も出ているのに何故敢えてS95を選んだかといえば。

・S110だと広角端が24mmでF値が小さい点でLX7と被る
・S100/S110は120mm相当までズームできるけど暗い
・中古の価格がS95のほうが安かった

大きくはこの3点になります。ただ、最後の1点については意味がなくなってしまいますが…理由は後述。


s95-2.jpg
モードダイヤル周辺。

実は、先に中古で買ったと書いていますが、購入した時点でモードダイヤル周辺の裏側パネルが浮いていました。ちょうど右手親指がかかる位置になりますが、親指で押さえると明らかに動いてペコペコと音が鳴ったり。
なんだろうと思ってキヤノンのサポートセンターに持ち込んだら、「あーこれは確かにおかしいですねー、修理になりますが」ということで、そのまま修理に出しました。裏側パネルの交換で約1万。
買った時の価格と合わせて約27000円で、だったら余裕でS100の中古が買えたしもう少し足してS110の新品も買えたんじゃねえのという結果に。
まあそういうものだということで無理矢理納得することにします。


Macに接続してもFinderでマウントされず、付属のソフトを使わない場合はイメージキャプチャで写真を取り込むというちょっとした手間がありますが、S95を接続した時点でイメージキャプチャが起動するように設定するとちょっと楽になります。
まあどちらにしても面倒というほどの面倒でもないですが…。
スポンサーサイト

PC自作日記その3

AsusのB75にSandy世代のCeleronとRadeon HD 7750という謎構成のヘタレ自作機でしたが…。

3570kpack
Intel Core i5-3570K (LGA1155, 3.4GHz, 4C4T)

Haswellも出ているというのにIvy世代のi5を買うという暴挙。まあHaswellに変えるとなるとマザーボードから変える必要がありますし。
そうなるとお財布的にアレなのと、あれこれ取っ替え引っ替えするのが面倒なので、ソケットが同じならまだ面倒も少ないだろうということで3570Kにしました。

とりあえずCPUだけ交換していざ電源を入れようとしたら、「CPUを交換したね?じゃあ設定しなおしてね」というBIOSからのメッセージが。
仕方ないのでBIOS…というかUEFIでちょこちょこと設定をいじって、さあWindowsだと思ったら今度はグラフィックスの様子がおかしい。CPUを入れ替えたせいかAMDのドライバが上手く動いていなかったようで、Windowsの汎用グラフィックドライバで動いていたおかげで画面が800*600という驚異の低解像度になっていました。
デバイスドライバからのプロパティでドライバを更新したら正常に動作するようになりました。
あとSSDやHDDの動作モードがUEFIで勝手にIDE互換に変わっていたのでAHCIに戻したり。

property
きちんとCore i5-3570Kとして認識されています。

windowsie
Windows Experience Indexのスコア。

プロセッサのスコアがCeleron G555では6.6でしたが、3570Kにしたら7.6まで上がりました。
あとメモリが以前は7.7でしたが7.8になりました。これは恐らくメモリが1600MHzで動くようになったからかと。というか、Celeron G555はメモリの速度の上限が1066MHzで、そこで引っかかって7.7で止まっていたのではないかと思われます。
なので、前のエントリーでメモリのXMPが有功にならないのを「マザーボードのせいじゃないかな」と書いていましたがCPUのせいでした。てへぺろ。3570KではXMPを有効にしても正常に動いています。


tsucchieさん初号機

OSMicrosoft Windows 7 Professional 64bit
M/BASUS P8B75-M
CPUIntel Core i5-3570K (3.4GHz, 4C4T)
GPUMSI R7750-PMD1GD5 (AMD Radeon HD 7750, GDDR5 1GB)
SSDCFD CSSD-S6T120NTS2Q (SATA 3.0, 120GB)
HDDSeagate ST1000DM003 (1TB)
MEMCorsair Vengeance 8GB (PC3-12800, 4GB×2)
ODDLITEON iHAS324-27 (DVDスーパーマルチドライブ)
PSUCorsair TX850 V2 (ATX 850W)

ケース: SilverStone PS08

まあ多少マシになったんじゃないですかね…。変わったといっても本当にCPUだけですけど…。

tamas1206
多摩電子工業 BAMBOO EARPHONES S1206

ドンキホーテで999円で売られていたのでつい。
日本初って竹程度でそんなわけないだろ、と思わずにはいられませんが、まあ気にしないことにします。
それよりも出始めの価格帯が5000円クラスだったということのほうが驚きですね…。


ネットのレビューを見ると、価格.comのヘッドホンカテゴリで猛威を振るう(?)某どら何とか氏が絶賛している以外にいい評価を見ないので、まあハズレでも999円ならまだ許せるかと思っていましたが。

とりあえず適当にいろいろ聴いてみた感じでは、確かに若干の抜けの悪さや低音が強めという感じはありますが、レビューで言われるほど低音が強すぎて壊滅的にダメという印象はないです。まあこんなものかなあと。
まあ某どら何とか氏が絶賛するほどの素晴らしい音ということもないですが。これで5000円クラスかと思うとちょっとアレかも。2000円クラスまでなら許せる感じ?

一つ良くない点としては、コードの癖がなかなか取れないことですかね…。


決して悪いわけではないけれどネタの域を出ない、という感じ。
天然竹の質感を全面に押し出したデザインで買ってみるのもいいかもね、とかそんなアレ。価格にもよりますが。

最近描いたもの

最近描いたものをいくつか。時期とか全然関係なく選んでいます。


silver-195s.jpg

オリジナルの銀色さん。 前のエントリー のラフを元にして描いたもの。
Painter 12の試し描きの延長です。線画と色塗りもやってみた、みたいなアレ。
Painter Xまでとは違う使い方をしているのはありますが、それを込みで考えてもまあまあ使えますね。



caracal-32-rough.jpg
caracal-32small.jpg

Tumblrで流れてきた画像の模写にちょっといろいろ足してみたカラカルさん。左がラフ+線画、右が色を塗ったもの。
元の画像では頭の部分までは入っていなかったんですが、勝手に足しました。あと尻尾も。


caracal-35small.jpg
たまにはきちんと背景も描かないといけないね、と思って、キャラの線画まで出来たところで全く線画無しで背景を描いて…もとい塗ってみたりしました。
パースとか知らない。というか背景のある絵の描き方ってこれでいいのか。


0613pcha.jpg
某所の絵チャで適当に描いたもの。
色を塗ろうとしたところで下方向にキャンバスがまだ空いていることに気づき、慌てて下半身の線画(?)を描き足した程度には適当です。
見方によっては左半身だけ日焼けしちゃった感じに見えるかも知れない…。


もうちょっと絵を描くペースをアレしたいんですが、その他にもいろいろアレでそうもいかない…。

ThinkPadにっき2

一つ前の記事 でLinuxを入れるつもりと書きましたが。

UbuntuSS

もう一つのOSはUbuntuになりました。64bit版のUbuntu 13.04です。
64bitのUbuntuは英語版しか配布されていませんでしたが、やり方を調べつつ日本語化させました。
なぜ64bitにしたかというと、せっかくメモリを8GBにしたのに32bitでは活かせないからです(たぶん。Windowsの32bitではそうだけどLinuxではどうだか知らない)。

まあとりあえず、分からないところは調べつつターミナルでコマンドを打ち込んでいたりします。
使い勝手とかに関しては、意外と違和感なく使えますね。Mac OS XとWindowsの中間っぽいような感じ。



で、これ以下は別の問題。

「何か適当に音楽でも再生してみるか」と思いWindowsにiTunesをインストールし、iTunes in the Cloudで以前買った音楽をダウンロードして再生してみたんですが、どうもX200s内蔵のヘッドホンの出力だとある決まった域の低音で変なノイズが乗るようです。
最初はヘッドホンかイヤホンがおかしくなったのかと思ったんですが、別のイヤホンで試しても同じようにノイズが乗るので、これは本体側の問題だろうと。
もしかしてOSを変えたら改善されるのかと思い、UbuntuのほうでもRhythmboxで同様に音楽を再生してみたんですが、Ubuntuでも全く変わらずノイズが入っていました。

X200s内蔵のサウンドはConexantの CX20561 というチップが入っているようです。
WindowsでConexantのドライバを削除して入れ直したりしましたが、それでも変わらず。
Ubuntuでもサウンドの設定を少しいじってみましたが、やはり変わりませんでした。

ネットでConexantあるいはCX20561で低音にノイズがとかそういうアレがあるかと調べてみましたが、特にそういった不具合や解決方法などは見つかりませんでした。もしかしたらtsucchieさんのX200s固有の問題なのかも知れません。


じゃあどうやって解決するかといえば、USBオーディオ変換アダプタとかそういうのを使います。
他にも解決法はあるかも知れませんが今回はそうしました。
DACs
左から、Audiotrak MAYA U5, aim AS301DTS, Enermax DreamBass Genie AP001

Enermaxのとaimのは半ばネタで買いました。まあ実際にUSBでオーディオをアレするという目的もありましたが。
一応、3つとも内蔵出力では出る低音のノイズに関しては完全に解消できています。


このうち真空管っぽい2つはUbuntuとWindowsのどちらでも動作しました。どっちもうっすらホワイトノイズが乗っていますが。まあ価格帯からしてそこまで求めるのは無理があるかなあと。

ただ、AP001のほうは

独立型の80Hz, +6dB Bassブースターを搭載しています。
Hi-Fiオーディオと同等クラスのサウンドに加え、ヘッドフォンでは不足しがちの低音を増幅させる事で、より重厚感あふれるサウンドを奏でます。

と公式サイトで書かれているだけあって、低音が強調されすぎている感じがあり、音楽を聴くのとしては若干使い辛かったです。
その点ではaimのほうはそういった味付け(?)はなく、割と聴きやすかったです。


で、MAYA U5ですが。
Windowsでは全く問題なく動作します。音質やノイズに関しても真空管っぽい2つよりいいです。

ただしUbuntuでは音が出ません。他の環境ではどうかは分かりませんが、少なくともtsucchieさんのX200sのUbuntu 13.04では音が出ませんでした。
音が出ないというか、無音(システムで何も音を出していない状態という意味)だとずっとノイズが鳴っているんですが、何か音が出ているとノイズが消えます。
Ubuntuの設定やalsamixerを見ると、VIAのサウンドデバイスであるという認識はされているようなんですが…。

LinuxのサウンドドライバはALSAとOSSとあるようで、そのどちらかでサウンドデバイスに搭載されているチップに対応していれば使えるらしいというところまでは分かりました。
そして、MAYA U5に搭載されているのはVIAのVT1730というチップのようで、ALSAの対応リストにもOSSの対応リストにもVT1730の名前はありませんでした。

というわけで、Ubuntuでは「VIAのチップを搭載した何らかのサウンドデバイスである」という認識はされるものの音は全く出ないという状態で、ドライバが対応していないのでUbuntuではMAYA U5は(少なくとも現時点では)使えないという結論に至りました。
まあもっとも、メーカーがLinuxでの動作をサポートしていない以上何も文句は言えないわけですが。

まあそれでもMAYA U5はWindowsでは使えるので、全く無駄というわけでもないです。負け惜しみ。


とりあえずホワイトノイズに関しては我慢する(内蔵出力のノイズと比べれば遥かにマシ)ので、UbuntuとWindowsのどちらでも使えるとして常用するならAS301DTSかなあ、と考えています。


分かりやすかったり面倒だったり、なかなか難しいですね。
プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク