今度はLX7がこわい

ついうっかりですね。

GRD4box

GRD4
リコー GR Digital IV

念願のGRシリーズ。
当初は中古で価格が下がっているGRD3にしようかと思っていたんですが、某所で中古のGRD4(どれくらい使われたか分からないけどほとんど傷がない美品)がそこそこの値段で置いてあるのを見つけてしまい、「それならGRD4のほうがいいよね!」ということで買ってしまいました。

GRD3と比べると、手ぶれ補正がついているのとオートフォーカスが速い点が違います。
逆に言うとそれ以外に大きな違いはありません。レンズもセンサーも同じです。
でも確かセンサーは同じでもGRD3と比べてローパスフィルターをアレしたのでGRD3より解像感が上がったとか何とか。

「ズームは甘え!漢なら広角単焦点で勝負!でも大きいのは嫌!」というあなたにおすすめ。

grd4test.jpg
試しに撮ってみたもの。マクロです。伝統(?)の1cmマクロはなかなか強力。F1.9と明るいのでよくボケます。

ところでこの黒ディアの画像、本来は縦方向で撮ったものなんですが、FC2ブログにアップロードすると横に倒れたまま直らないんですね。これはFC2ブログの仕様なんでしょうか。
撮影したデータをMacに移した時点では縦だったし、縦方向のまま編集(縮小しただけ)して保存したはずなんですが。


せっかくGRD4を買ったんだし、大事に使い倒したいですね、とか。
スポンサーサイト

サマナー日記

3DSとリメイクのソウルハッカーズを手に入れて以来ずっとそればかりやっているtsucchieさんですが。

このエントリーの時点では本編をクリアして次元の回廊を攻略しているところです。


門倉→マニトゥ戦(ナオミのVQではアプスーを倒した)をクリアした時のパーティは、

前:魔神オーディン・主人公・死神ケルヌンノス
後:邪龍ヤム・ネミッサ・英雄ジャンヌ・ダルク

という構成でした。

オーディンにマカ・カジャ、ケルヌンノスにスク・カジャ、ジャンヌにラク・カジャをそれぞれ4回使わせた上でオーディンとケルヌンノスとヤムとネミッサに攻撃魔法をひたすら撃たせつつ、主人公は物理攻撃、ジャンヌはメ・ディアラマで回復に徹するという、まあある意味では普通の戦法でクリアしました。
マニトゥ戦ではケルヌンノスのマハ・ザンマが強烈すぎて笑いながら戦っていました。ネミッサのメギドやヤムのメギドラより高いダメージを出すんですもの…。魔法に弱いほうのマニトゥにしたとはいえ1000ダメージって。


まあそれで本編はクリア。
その後は次元の回廊に入るわけですが。


まずキングフロスト戦。一度うっかり全く準備せずに戦闘に入ってしまいマハ・ブフーラであっさり全滅してしまったんですが、2回目はきちんと準備して戦闘に入りました。

前:狂神アティス・主人公・死神ケルヌンノス
後:邪龍ヤム・ネミッサ・英雄ジャンヌ・ダルク

うろ覚え。アティスさんじゃなかったかも知れない。
「今年の冬は寒いよ…」からの自爆を物反鏡で跳ね返したので最終的には何もせず倒せたんですが。


続いてマーラ様戦。これもあっさり倒してしまったのでうろ覚え。

前:死神ケルヌンノス・主人公・幻魔ヘイムダル
後:鬼神トール・ネミッサ・英雄ジャンヌ・ダルク

ジャンヌは補助と回復に徹してネミッサとケルヌンノスに攻撃魔法を撃たせまくるというのはだいたい同じでしたが、そんなことよりもヘイムダルのジャッジメントが圧倒的に便利すぎました。あれはいかん。あとついでにマーラ様がタル・カジャを使ったらGoさせたトールが勝手にデ・カジャで解除してくれる、というところでした。


さらに続いてリリス戦。これもあっさり以下略。
全く準備せずに戦闘に入ったのに一度で倒せてしまったとか。

前:狂神アティス・主人公・死神ケルヌンノス
後:英雄ジャンヌ・ダルク・ネミッサ・幻魔ヘイムダル

基本的に同じ戦い方。そしてヘイムダルのジャッジメントがやはり便利でした。


次にルキフグス戦。これも以下略。また例によって戦闘前に全く準備しなかったのに倒せました。

前:?・主人公・死神ケルヌンノス
後:英雄ジャンヌ・ダルク・ネミッサ・幻魔ヘイムダル

確かもう一体何か召喚していたはずですが思い出せません。それくらいヘイムダルのジャッジメントが便利でした。
死神モトかアティスさんのどちらかなんですが…。


あと次元の回廊で残っているのはベルゼブブだけ。
回廊5の途中でネルガルやパレスを捕まえたり、ミトラスさんに遭って仲魔にしかけたところでやっぱりレベルが足りなくて仲魔にできなかったり(主人公のレベルが79、ミトラスさんは80)、秘剣ヒノカグツチを拾ったり、ベルゼブブのところに行くまでに既にいろいろあって楽しい(?)です。

ヒノカグツチは絶大な威力の全体攻撃で雑魚敵を払うのには便利なんですが、攻撃の属性としてはただの斬撃なので、敵の耐性を見て使わないと反射のダメージで即死しかねないのが玉に瑕。例えばギリメカラ(物理反射)が2体いたら反射ダメージで大変なことになります。
なので、安全性という点では1体に攻撃のほうが上です。レーヴァテインのほうが使いやすいかも。
あとはそもそもの高威力に加えてクリティカルヒットがとにかく頻発するので、調子に乗って使いまくるとクソゲー化します。つまりバランスブレイカー。


出来ればベルゼブブの前に主人公とネミッサにメギドファイアーを持たせたいので、必死にゼニを稼いでいるところ。2個で198万円(注:ゲーム内の通貨)なのでとても時間がかかりますね…。
まあそのついでにレベルを上げることもできるので一石二鳥…なのか…?

CDと3DSとなんかそのアレ

最近買ったもの。

・David Byrne & St. Vincent "Love This Giant"
・Bloc Party "Four"
・Adrian Belew "Lone Rhino/Twang Bar King"
・Kraftwerk "Die Mensch Maschine"

"Love This Giant" と "Four" は新品で買いました。
"Lone Rhino/Twang Bar King" と "Die Mensch Maschine" は中古CDです。

個人的に "Love This Giant" は大当たり。David ByrneとSt. Vincentのひねくれ度合いが上手く合っている印象。
アメリカのインディーロックも面白いですね。
で、St. Vincentさんが何者なのか少し調べてみたら、Annie Clarkという別名もあり、そしてSufjan Stevensのツアーに参加していたとか。まさかここでSufjan Stevensの名前が出てくるとは…。それなら面白い(?)のも納得できます。

"Lone Rhino/Twang Bar King" は、ブリューが1982年と1983年にリリースした2枚のアルバムをまとめて、デジタルリマスターして2009年に再発売されたアルバムです。2枚分ということでディスクが2枚入っているのかと思ったら、1枚のCDに2枚分が収録されていました。
まあ、"Lone Rhino" が約36分、"Twang Bar King" が約43分で合わせて79分なので、CDにギリギリ入るくらいですかね…。
King Crimsonではまああんな感じ(?)ですが、ソロ名義のこのアルバムはポップス寄りです。これはこれでいいですね。


あと、ようやく最新のゲーム機を買いました。3DSですけど。
3DS版のソウルハッカーズをやりたかったのです。というわけでソウルハッカーズも合わせて買いました。

10年かそれ以上くらい前にやったんですが意外と覚えているものですね。
まあリメイクというより、見た目にはSS版かPS版のベタ移植に近く、その点では全く違和感無くプレイできるのでありがたいです。追加要素が全く無いわけではないですが、それが本編のシナリオやゲームの基本的なシステムに直接関わるようなものでもなく、いちばん大きいのが登場人物のフルボイス化というところなので、「そうか、そういう声だったのかw」と思いながら楽しめる程度です。ユーイチの声がチャラい(CV: 梶裕貴)。あとマダム銀子(CV: 杉田智和)。
システムに関わる要素は敢えて言うなら難易度の調整がありますが、それはプレイヤーが好きに調整できるのでまあいいかなあと。


とりあえず、このエントリの時点ではアルゴン精工に突入するところまで進みました。
今のところは主人公の防御が若干薄いのが悩みです。
プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク