大人とつくとちょっと高級そうな感じになるよね、みたいなアレ


final-audio-design Piano Forte II

「音楽と対峙して聴く大人と演奏家のためのイヤホン。」と大層なことが書かれていますが3280円です。
ただしこのファイナルオーディオデザインというメーカーのこれ以外のイヤホンは軽く5桁、モノによってはカナル型なのに20万というビックリ価格です。Opus 204という据え置きのスピーカーに至っては5000万という…。なので、超高級機の技術を応用したおてごろ価格で買えるイヤホンを開発しました、という感じなんでしょう。なので、実売3000円強でも音楽と対峙して云々と謳うのも分かるような気がしてきます。


裏側。なんか、私のようなニワカが手を出してはいけないような雰囲気の文章が書かれています。


実物のデザインと大きさ比較。イヤホンとしては大きめです。ちょっと高級っぽいデザイン。
金属は使われていないですが悪い感じはありません。


どうやらこのイヤホン、少し調べてみると新製品だったようです。
2010年12月から発売されたモデルのようですが、家電量販店でずっと店頭で棚にぶら下がっていました。
箱がちょっと高級っぽくて手が出しづらかったのかも。先にも書いたように価格は3000円程度なんですが…。


ちょっと聴いてみた印象としては、値段に見合わない高音質かなあと。XD100よりいいんじゃないかしら。
装着の仕方や装着感にややクセがあります。あとは…音楽のジャンルも若干選ぶかも知れません。安牌だからとりあえずこれを選んでおけば大体おk、という感じではなさそうです。私は個人的には気に入ったのでアレですが。ちょっとクセがあるけど音はいいと思うよ、という感じ。
クラシックぽい音楽というかアコースティックな楽器の音が合いそう。慣らしてみたらまた変わるかも知れませんが…。

このイヤホンはいわゆるところの「能率がいい」ので、音が大きめに出るし、その代わりにノイズも拾います。


少し不満な点。
・そのままで装着しているとちょっと痛い。→100円のイヤーパッドに切り込みを入れてかぶせた。
・コードが細くて固い。→扱いにちょっと気をつける。

いろいろ込みで考えて、コストパフォーマンスはなかなか高いんじゃないかな…。
ちょっと高いイヤホンはCM7Ti, MX760, E888SPと使っていますが、それに並ぶんじゃないかと思います。
テクニカ、ソニー、ゼンハイザーに及ばないのは知名度。私もPiano Forte 2がファイナルと知ってから調べましたし。
スポンサーサイト

使うために使うもの

NewBattery

PSP-1000用互換バッテリー。3600mAhとかの怪しいバッテリーではないですが。
一応スペック的には1800mAhと純正と同じ数字です。ただまあ、少しとはいえ怪しさは拭いきれないですが…。
それまで使っていた純正のバッテリーが膨らんでへたっていて、電池のふたを閉めるのもギリギリなくらいだったので、これはいかんだろうと…しかしソニー純正の1800mAhはAmazonでさえ6000円超とやたら高いので、一応まともそうな互換品を選びました。

手元にあるPSP-1000でコーデッドアームズをやってみましたが、2時間半くらいスリープしつつやって残りが40%ほどの表示でした。まあまあ使えるかな。
どうでもいいですが、初代PSP-1000でもシステムソフトウェアだけは最新です。NGPとか発表されたけどまだ頑張れるよ!


flash_and_wireless

Logitech LAN-WN11/U2DS, Green House PicoDrive N 8GB
二つ合わせて2000円強。

WN11は、MacでXLink Kai経由でMHP3を遊ぶために購入。PSPをKaiでアドホックモードで接続するだけなら内蔵のAirMacでも可能なんですが、肝心のクエストにまともに行けません。2年ほど前にP2GでそれをやってKaiを使うのを一度諦めました。で、内蔵のAirMacだとアレだけどUSB接続の無線LANアダプタならいけるのか、と。

そこでWN11/U2DSを選びました。品番にDSって入っているのに。まあ無線でつなぐだけならDSだろうとPSPだろうと電波は同じですしね。品番が違うのに全く同じスペックなんてよくあることです。後ろのPicoDriveは、WN11を買おうとレジに並んだらワゴンに大量に値下げしてあったので、思わず一つ手に取ってしまった物。使い道は後から考えます。


で、肝心のXLink Kai。Macだとそもそも敷居が高いということですが、敷居が高いと思って取っ付くとすごく敷居が高いです。
難しい設定とかしないといけないのかしらと思って難しい方の設定からいじり始めるととても面倒なことになります。ポート開放とか何とか。私も一度はまりました。
結局、ポートの設定とか全然関係なく、ルータのUPnPを有効にして、Kaiのポートをどちらも0にするという設定で何とかなりました。3人以上でクエストに行っても自分だけ落ちるということはなかったです。ギルカの交換もできたし。
入ってきたキャラがいつまでも消えなかったりするのはKai故の不安定さということにしておきます。


WN11/U2の一つ気になることは、使っているとだんだん熱くなってくるところ。触れないほどではないですが。
まあ、格安でそこそこ使えるものが手に入ったのでよしとします。

MDR-XD100

前からちょっと気になっていたヘッドホン。

MDR-XD100

Sony MDR-XD100

「XD TECHNOLOGY」「広大なダイナミックレンジ」「映画音質」など大層なことが書かれていますが2000円弱です。3.5mm→6.3mmの変換プラグが付属しています。ケーブルは両出し。
全部プラスチックなのでとても軽く、押さえつけられないので頭に乗せてもストレスになりません。

MDR-XD100

箱から出すとこんな感じ。箱の割には小さい印象です。


iMac(iTunes 10.1)→HA400で聴いてみました。

まず、低音がイマイチ鳴らないなあという印象。全く鳴らないことはないけどキリッとしない感じです。あと高音がざらつくなど。
きめ細かさが足りないというか…。まあ、価格的な意味でも仕方ないといえば仕方ないんですが…。
どうしても今のところの比較対象がAKG K530となっているので、それで見ると全体的にイマイチな印象。

ただし、イマイチと言ってもK530と比べてなので、XD100だけで見ればそんなに悪くはないです。
スペック表ではインピーダンスが70Ωとなっていて、そのせいでやや音量が取りづらいかも知れません。ケーブルが3.5mと長いのはまあ束ねるとか近くにまとめておくとか…。


安いヘッドホンの中では有力な選択肢になるかな、という印象でした。デザインもそこそこだし。
私としては、「2000円程度でこれなら、もうちょっと出したらどんな音になるんだろう」という最初のステップになるかなあと思います。とりあえず安いのならおすすめ。

A(足立区)K(江東区)B(文京区)48


  • 最近iTunesに追加した曲。
    ・Carlinhos Brown "Diminuto" "Adobró"
    ・Sufjan Stevens "All Delighted People EP"

    SufjanのEPはiTSでダウンロードしたもの。1050円。
    EPなのに1時間もあります。EPなのに10分以上の曲が2曲もあります。EPって何だっけ…。フルアルバムと変わらないじゃないの…完成度的にも。

    Carlinhos Brownの2枚は2010年12月に同時にリリースされたもので、それぞれコンセプトが違います。
    Diminutoはボサノバっぽい穏やかな感じ、Adobróはダンスミュージックのような感じです。そしてどちらもいい。
    もっと評価されるべき。特に日本国内で。


  • 1/14にStingのSymphonicities Japan Tourに行ってきました。

    "Englishman in New York", "Roxanne", "Next To You", "Whenever I Say Your Name"など、既に発売されている"Symphonicities"に収録されている曲を中心に歌っていました。
    他の曲もありましたけど。"Desert Rose"とか。アンコールで4曲もやってくれました。最後はアカペラだったり…。

    実にすばらしい。CDのアルバムとクオリティが変わらない。それは実はけっこうすごいことじゃないかと思うのは自分だけでしょうか…。
    ましてライブなので、体験としてはCDで聴くだけよりもずっとクオリティが上に感じます。

    ライブに来ていた観客の年齢層の高さがアレ。いちばん若かったのはtsucchieさんではないかと思うくらいでした。
    いくらなんでもそこまで若いリスナーがいないということはないと思うんですが…。



最近Twitterのpostの頻度が上がりつつあるような…。
Twilogを見るとよく分かるので、自分で自分の様子を見るようでなんともアレな気分になります。

ヘッドホンオーディオ環境構築記(?)

K530

サウンドハウスでAKG K530を買ったので、どうせなら何かアンプでもあったらいいよね…というかCompanion 2内蔵のアンプでヘッドホンに出力すると低音が強すぎるきらいがあるので、そうならないように何かヘッドホンアンプがあったらいいかなあと思いました。
でもヘッドホンアンプというときちんとしたものになればなるほど高価なので、そこそこの値段で何か適当なものをと思って、

AT-HA2

テクニカのAT-HA2を買ってみたら、これがとんだ地雷でした。買ってすぐにググッてみたらかなりアレという情報がたくさんあって、ちょっとマズいかなあと思っていたら、実際に使ってみるとボリューム最小で入力が何もないはずなのにヘッドホンからノイズが…。
どういうことだと思って少し調べてみると、HA2に使われているICがあまりいいものではないようでした。NJM2073という番号のものらしいです。それと全く同じ仕様のものが100円ショップで売られているアンプに使われているとか…。どういうことなのテクニカさん…。

HA400

AT-HA2があまりに残念でちょっと使えないので、AmazonでBehringerのHA400を買いました。
HA2は5800円、HA400は2600円です。


結論から言うと、HA400 > 壁 > HA2 でした。安いほうが使い勝手も性能も上って…。デザインはHA2も悪くないというかオーディオっぽくて素敵なんですが、如何せんノイズが…。

HA400のおかげでiMacの周りの配置を考え直す必要が出ましたが、まあ何とかなりました。
あとHA400は端子が6.3mmの標準ステレオなので、3.5mmのステレオミニプラグだと6.3→3.5の変換プラグが必要になります。安いのでよければ1個200円~400円。私はとりあえず電気部品の店にあった300円ので。


というわけで、HA400にヘッドホンとCompanion 2をつなぐ方向でまとまりそうです。
ピュアオーディオな人からしたら笑われそうですけどね。
プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク