WAWAWA

わっすれも~の~

うぉわ!?

…。


というわけで(?)、ある忘れ物から始まる劇的なドラマ。


帰り道の途中で寄った駅(帰り道の途中にあるけど乗るわけじゃない)にて、鉄道忘れ物処分市なるものが開かれており、そこでなぜか気が向いていろいろ物色していました。大抵はカバンとか財布とか手袋とかネクタイとかラジオとかその他諸々の取るに足らないものばかりなんですが、その中に3つほどフラッシュメモリのプレイヤーが置いてありました。正直言って、どれもあまり新しいものではありませんでした。
一つはクリエイティブのZEN、もう一つはよく分からないメーカーの、もう一つはシャープの「MP-S200」。

ZENは電池のカバーがなく、よく分からないのは容量が256MB、というわけでこの二つはアウト。
シャープのが割とまともでした。擦れて文字こそ消えかかっていても、最初から入っていた電池が消耗していただけで動作に問題はなさそうでした。容量も512MBと多からず少なからず中途半端です。


少し考えて、結局シャープのを買うことに。2800円でした。

しかしよく見てみると、PCと繋ぐためのUSBの端子が異様に小さい。mini-Bより小さいです。
「そういえばこれ、SIRENのDP200についてきたケーブルと同じ形の端子…?」
というわけで、そのケーブルを介してPCと接続してみました。

しかし、PCのほうでは全く認識されない。
ここで文明の利器を活用し、シャープのMP-Sシリーズには専用のケーブルが付属していたことを突き止めます。その専用ケーブルでは、PCとの接続は当然ながらライン入力もできる(というより、3.5mmのライン端子がない)ようです。
そして、価格.comなども見てみた結果、その専用ケーブルを介してのみPCとの接続が可能なのではないかという推測に至ります。つまりは互換性ゼロだったのです。
一応シャープに電話で問い合わせてみると、やはり似たような答えが。

ダイレクト録音でも使えなくはない…にせよ、やはりそのケーブルが必要になってしまうので、仕方なくシャープの地方の支部のようなところにそのように電話で伝え「そのケーブルがいるんですよ」と言うと…。

「お取り寄せになりますが、ありますよ」
「じゃあお願いします。いくらくらいですか?」
「えーと、2300円です」


超格安で買ったプレイヤー、2800円。
そのために取り寄せてまで入手するケーブル、2300円。
何だかおかしな結果に微妙な気分になったときの自分、プライスレス。

というわけで、結局取り寄せてもらうことにしました。
そうじゃないと使えないし…。内蔵のマイクじゃあねえ。
PCに認識"すら"されないのでフォーマットも出来ないのです。


そんな使い勝手の悪さを除けば、操作性は普通、音質も普通、容量の微妙な少なさに目をつぶればそこそこ使えそうです。

そんな感じの、結局オチがあるんだかないんだか分からないドラマ?でした。
互換性を巡ってここまでになるとは思いもしませんでしたよ。
スポンサーサイト

鯖?WS?

某所のじゃんぱらに行ったら、

・Xeon(いつごろのかは不明、多分Pen4世代かと)2.8GHz
・nVIDIA Quadro (番号忘れた) 128MB
・36GB HDD 多分SATA、もしかしたら違うかも
・メモリは確か512MB
・XP Pro 32bit?

…のIBMのIntelliStation Proが、39800円で売られていました。
スペックに関しては完全にうろ覚えです。


ええ、多分ジャンクとまでは言いませんが、中古も中古なんでしょうよ。
しかし間違いなく、まともに動けばそこそこな性能を発揮するはず…。HDDやメモリはどうにかするにしても。うちにあるVAIOのCelDもPen4と同じアーキテクチャのはずなので、やっぱり今のPCに満足していない、かつ今より数段上のスペックとあればやはり気になります。

まあ、結局はいつも通り願望でしかないんですけどね…。

ブログの評論を書いてもらおう

アップルのようであるとも言える。それはジャンルなのだと言える。匿名文化と「優先席文化」の類似性をそこに見いだす事も可能だ。フォロワーが欲しいなどというのは、要するに、田舎っぺなのだ。極言すれば、人生とはファイアーフォックスと 内容さえあればいい。私なら、アカウントに生涯を捧げるだろう。あと10年若ければ。

どういうことなのか。私にも良く解らない。けれどもイメージ 1には解っている。長いインターネットエクスプローラーには巻かれろと言う。どうだろう。エプソンダイレクトは必要ないだろうか。とても興味深い。

女性の鋭い洞察の前に、紳士は潔くシャッポを脱ぎアップルをさらすべきなのだ。パスタに某ボーカロイド。どうかなこの組み合わせは。
タイトルは絶句するほどエディオンらしい。優先席の上品さといったらどうだろう。ティーディーアールエージーオーエヌなどはケンブリッジのキャンパスであちこちに見かける程度にはありふれているのである。ブランドに惚れ込んだ男は、洋の東西を問わないだろう。自社ブランドはかつてドゥルーズが見通した「エプソンダイレクト型社会」のインフラそのものなのだ。意外と知られていない事だが、大英博物館の入場料が無料なのは、数多くのエディオンの貢献によるところが大きい。凡夫の想像を遙かに超越したところに、マウスコンピューターはある。むしろ「ジャンル」大会などと称して、それをたたえるのはどうだろうか。メーカー登場の裏にはイラストレーションの台頭があるのではないか。読み上げは到底実現不可能に見える。少女とは恐ろしいもので、気がつけば大人になっている。当たり前のようにブログパーツをセカンドバッグから覗かせる。気づかぬうちにレディとなっているのだ。つまり「スペース」的見解には、もう飽きているのだ。

この当時話題になったものといえば、アルファベットとソニックステージ、それとサファリだ。これに後にエイデンが加わることになる。



総合得点 60点



いきなりアレ(?)な文章ですが、勝手にブログ評論 というのがあるそうで、Yahoo!のほうで試してみました。
いかにもそれっぽい気取った文章です。しかしてその中身はまるでなし。

どうやら、ブログのRSSからキーワードを抜き出し、それらをテンプレートに当てはめていく…というもののようです。ところどころに見覚えがあります。そしてその文章はランダムで、点数もテキトーな数字のようですね。60点というのはたまたま出た数字です。

エディオンらしいタイトルって何だ…。
エプソンダイレクト型社会って…。

まあ、こんな感じのよく分からないどこか笑える文章になります。やってみるといいかも。

明日と明後日とそれ以降

いつも気になっているんですが、FC2のほうの更新頻度はあまり高くないのに、わずかずつながらカウンターが回っているんですよね…。
Yahoo!ブログ のほうはほぼ毎日更新だし何といってもYahoo!JAPANなのでいろいろなルートが考えられますが、こちらのほうはそんなに更新していないのに一桁でも増えているので、検索なり何なりで来ているものと思われます。

確かにいわゆるSEO等はしていませんが(面倒だから)、それらしい有用な情報を載せているわけでもなし、もしロボットでないなら何を見に来るんだろう…?ブログの記事が検索エンジンにおけるスパムのようなものと揶揄されることがありますが、もしかしたらそんな感じのものなのかもしれません。

それとも、誰かRSSリーダーみたいなのから見に来たりするとか…いやいや、それはない。


まあ、気にするほどでもないか…?

独り言をさえずる

ブログのトップに置いた記事に次々と書き足してその度にいちいち更新しなおすのって、面倒じゃないのかなあ…。ちょっとした一言でさえ一手間二手間かけないと入れられないって、どうなんだろう?

というか、ふと思ったことのためにいくつも段階を踏んでやっと書き込んだ1行が無駄な気がする。

それならtwitterでいいじゃん。ブログパーツを入れるのは少し面倒だけど。

トップに置いた記事を開く→修正の画面を開く→入力する→更新→「記事の更新が完了しました」

twitter.com/homeを開く(ログインする)→入力→"update"
で終わるんだから、その方が間違いなく楽だと思うんだけどなあ…。
ちょっと長めの文章(140文字以内)だと"Oops!"と言われるけど。


そりゃ長文は書けないけどさ。140文字だし。
でも、長い文を並べるなら「独り言」じゃなくない?



…と、あちこちで使われている「独り言欄」を見る度に思うのです。
どうしようがその人の勝手ですが。

(タイトル付け忘れ)

子年の初めにマウスを買い換えるなんて何かのギャグかと思ったりもしますが、ようやく新調しましたよ。
MX Airじゃないですけども。VX Nanoです。


そのついでというのもなんですが、FOMAとPCを接続するケーブルを買いました。携帯のほうでフォーマットしたmicroSDは、microSDのみだとPCで読み込みこそすれ書き込みと削除が出来ないようです。どうやらそういう仕様のようです。
そうなるとMP3ファイルをmicroSDに突っ込みたいときに非常に困るので、充電機能付USB接続ケーブルを買いました。


デジモノに関しては、大抵は純正品がいちばん高くてサードパーティーのものとかバルク品が安いけど動作に問題はない…といったところのはずなんですが、このケーブルに関してはどうやらその例が当てはまらないようです。

DoCoMoの純正の「FOMA 充電機能付USB接続ケーブル 01」は1365円(税込)。

どこかのメーカー(忘れた)の同じ機能の製品は1480円(税込)。
ELECOMの同じ機能の製品は1780円(税込)。
Owltechの同じ機能の製品は2280円(税込)。


不思議だ…。
というか、怪しいメーカーのmicroSDが1GBで2000円を切っていたりするのに、これは…。
プロフィール

tsucchie

Author:tsucchie
絵を描いたり音楽を聴いたりアレをアレしたりするのが好きです。長所は自分の短所がすぐ挙げられること、短所は短所だらけでどうしようもないこと。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
pixiv
Twitter
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
リンク